DSC01700

今回はガイアカラーのニュートラルグレーシリーズの違いを比べてみることにしました。
色身の似ている塗料は各社それなりにあるのですが、同名で1~5まで種類があるのは流石にこの塗料だけだと思います。
同じ名前のものが沢山あってどれを買ったらいいか分からないという人や、自分でテストピースを作ってまで確かめるのは面倒だけど、購入の際の参考にしたいという人に役立ってもらえればと思います。
基本的にどの塗料もだいたい蓋と同じような色合いになりますが、それだとちょっと分かりづらいですよね・・・
テストピースには以前紹介したハイキューカラーチップを使用してテストしていきます。
DSC01705

まずはハイキューカラーチップ ソリッドカラー用を5枚準備します。
あらかじめチップに塗料の名前を書いておきます。汚い字でも文字が読めればOK!

P9160573

こちらがニュートラルグレー1~5を塗ったものです。
塗料はブラシマスターと塗料でで1:1で希釈しました。塗装面はいずれも艶ありになります。
左からニュートラルグレー1 ニュートラルグレー2 ニュートラルグレー3 ニュートラルグレー4 ニュートラルグレー5となります。
ほぼ段階的に暗くなっていきますが4と5の間で一気にトーンが落ちる感じです。


次は各色を見ていきますが、単品だと分かりづらいので同じガイアノーツのExブラックとExホワイトと比べて見て行こうと思います。これらも同じく艶ありになります。
まずはニュートラルグレー1からいきます。

P9160574

ニュートラルグレー1は 白9に対し黒1くらいの薄っすらとしたグレーです。
パッと見グレーサフの色に近い気がします。ガンプラよりは航空機なんかに使用できそうな色ですね。

P9160576

ニュートラルグレー2は1に比べ倍くらい濃くなったように感じますが、それでもグレーとしては薄い部類に入るのではないでしょうか。

P9160577

ニュートラルグレー3は何と言うか最高に丁度いいグレーといった感じ。これこそニュートラルグレーというグレー、そんな感じです。
これくらいの濃さになるとガンプラを初め色々なプラモデルに使いやすいことかと思います。
この写真ですと少し濃く写ってしまっていますが実際はもう1割くらい明るめな色合いです。

P9160578

ニュートラルグレー4は3を3割くらい濃くした感じです。
3,4ともに関節色やフレーム色、武器に至るまで色々使えそうです。

P9160579

最後にニュートラルグレー5になりますが、今までのグレーに比べて一気に黒くなってしまいました。
正直グレーというよりは明るい黒といった表現が近いと思います。
これはグレーを求めている人にとってはちょっと求めているものと違ってきてしまうかもしれません。

P9160580

ニュートラルグレー5においては黒との違いがほぼ分からないこともあり、このように重ねて比べてみることにしました。
これでも微々たる違いですがやはり黒よりは1トーン明るいです。
黒い機体を塗るときなんかは真っ黒な色を設定通り使うより、こういった少し明るめな塗料を使うとスケール感が損ないにくいので、意外とこの色は重宝しそうな気がします。
5の色味が濃すぎて使いづらいと思う方は、他のニュートラルグレーで割ってみて好みの色味にしてみるのも良いと思います。

以上がガイアカラーのニュートラルグレーの違いになりますが少しは参考になったでしょうか。
私個人の意見としてはこのニュートラルグレーを一通り揃えておけば、グレー系の色が必要になった時でも殆どの場合対応できると思いましたので、色調が面倒だと思う方やどのグレーを買って良いか分からない方は、とりあえず各色一本ずつ持っておく便利だと思います。