LBX ナイトメア ダンボール戦機

今回も今更感がありますが、LBXナイトメアを製作しました。
このキットはLBXのキットの中でもかなりパーツ分けが良く出来ており、普通に組むだけでかなりの配色が再現できる素晴らしいキットです。
しかしそんな素晴らしい成型のキットなんですが、設定の彩色設定がとんでもなく細かいので色の完全再現を目指すだけでかなりマスキングを強要されます。
マスキングだけで再現できない箇所も多かったので、そういった部分は根性の筆塗りとなっております。
基本的にはキットは素組みで仕上げ、メインの黒はガイアノーツの限定色 「プリズムブルーブラック」で塗ってみたので角度によって青味が強く出たりしてとても幻想的な仕上がりになりました。後の部分はパールやらメタリックで派手に仕上げました。
完成日は6月6日です。


LBX ナイトメア プラモデルLBX ナイトメア 塗装

DSC04326DSC04327

まずは全体像を。
改造箇所は足のバーニアくらいで後は全部素組みですが、このプロポーションの良さはヤバイですよ・・・全体の色の置き方もセンスに溢れてますし本当にカッコイイデザインです。

マントが紙製なのは残念ですが、プラ紙で作るとマントなのに(硬度的に)気合いが入りすぎてる感があり、アキレスの時みたいにシールで作ろうとも思ったんですがボディの黒に似合わなかったんで結局そのままキット付属の紙製の物を使用しました。

LBX ナイトメア プリズムブルーブラック塗装

黒い部分は偏光塗料を塗っているので黒の部分が暗い青っぽく見えたり真っ黒に見えたりしてとても面白いです。
基本色の黒はプリズムブルーブラック以外使用していないので、変化の程が写真で確認してもらえれば幸いですが・・・

プリズムブルーブラック塗装 LBX

これなんかが凄いよく分かる例です。
頭の扇状の所はかなり青みがかっていますが、肩アーマーの黒い部分や二の腕なんかは真っ黒に見えます。
どうやら光が多く(強く?)当たる面の色が顕著に変わるようですね。

LBX ナイトメア 偏光塗料

全体は偏光塗料の性能を活かしきる為つやっつやに仕上げました。艶消しだと上手く偏光しないそうです。
特に研ぎ出しやワックスも掛けてませんがかなり上手にクリアを吹けました。
下地も入念に処理したので傷もありません。艶有り塗装は本当に粗が目立つんで艶消しで作る物に比べて3倍は表面処理に時間掛かりますね~もうめんどい。

DSC04320

頭の裏はこんな感じで塗り分けました。
裏の肉抜き穴はこういったデザインだと思ったので特に埋めていません。

プラモデル ナイトメア 筆塗り

このキット最大の鬼門である装甲の断面の青色ですが、これはエナメルで調合したメタリックブルーをひたすら筆で塗りました。
腰や足のラインはまだ塗りやすいのですが問題は前腕の湾曲したラインです。ここはもうただひたすら根気で乗り切りましたが、片腕一つに1時間半くらい掛かりました。

DSC04330

鬼門その2 足のフレーム部分。
足のフレームは黒と金とメタリックグレーの3色から構成されていますが、形状が複雑なのでマスキングがしにくく結構疲れました。

DSC04331

鬼門その3 胸のスリットの赤ライン。
この部分も非常に大変でした。線は細いのにこれといったモールドがなかったので、箱絵を見たりしながら筆でひたすらそれっぽく塗りました。

LBXナイトメア キャンディ パール メタリック塗装

耳のボンボンは後ハメ加工はしていないので普通に合わせ目が出ます。特に気になりませんが。
ちなみにこのパーツだけでもキャンディ パール メタリックと3系統で塗っています。これまたやることが多く地味に疲れました。

DSC04336

足のバーニアは前述の通り市販パーツに置き換えましたが、脹ら脛のバーニアはキットの物をそのまま使用しています。
それにしてもこのライン 格好良すぎる。

ナイトメアズソウル メタリック塗装

武器のナイトメアズソウルは形状が複雑だったので合わせ目消しにエライ時間が掛かりましたが、塗装直前に事故にあってぱっきり割れてしまったので、何とか見れる範囲にまで修正しました。

DSC04340

5本の筒状の部分は始めホワイトパールで塗るつもりでしたが、合わせ目が割れたのでそれを隠すためにミラーフィニッシュを貼り付けて誤魔化しました。
結果としてかなり良い感じになったので怪我の功名でした。

DSC04339

絵の部分ですらマスキング地獄です。最後まで楽をさせてくれません。
大変ですが気合いで塗り分けるしかないですが、塗り分けてあるのと無いのでは天と地ほど差があるのでがんばりました。
後は適当にポーズを取らせてみました。

DSC04342

武器を持たせると一気に煌びやかになります。
可動範囲はそんなに広くないんで派手なポーズはあまり付けられません。

LBX ナイトメア プリズムブルーブラック

ナイトメア プリズムブルーブラック プラモデル

ナイトメアLBX

LBX ナイトメア

以上、LBX ナイトメアでした。
LBXシリーズは作るときは簡単に出来上がるので勢いで塗装まで突き進めますが、いざ塗りに入ると配色の複雑さに毎度毎度叩きのめされます。
今回のは過去最高レベルでマスキングがあったのでやたらと時間が掛かりましたが、毎日ちびちび手を入れて何とか完成にまでこぎ付きました。
昨今のガンプラに比べるとマスキングが多くてちょっと手の掛かるキットですが、完成したときの喜びはガンプラの比じゃないので達成感を多く得たいならLBXシリーズはかなりオススメです。
後これだけは言いたいのですが、プリズムブルーブラックは最高でした。
製作記はこちらです。




☆オススメリンク☆

フレームアームズ ヤクトファルクス
DSC03981


MG シナンジュ
R0009621


LBX デクーOZ
DSC03666


EXCEED MODEL ZAKU HEAD (キャンディグリーン)
DSC04035