R0009307

このキットは今から10年以上前に製作した物になります。
よくこんな綺麗な状態で残っていた物だと自分でもびっくりです。


R0009288R0009304

R0009305R0009290

全身黒立ち上げで仕上げており、所々クレオスのメタルカラーで仕上げています。
胸の緑の部分は、下地をシルバーにして、クリアグリーンを上からコートしています。

R0009291

武装は基本的にはメタルカラーなので、艶々で金属感があります。
埃が結構目立ちますね・・・かなりがんばって取ったんですがね~

R0009292

レオパルドとは違い、ロールアウトしたてをイメージしたのでウェザリングはしていません。

R0009293

R0009294

R0009295

レオパルドのインナーアームガトリングと比べて短くなったツインビームシリンダー。
個人的にはレオパルドの方が好きですね。
レオパルドと違い背中と繋がっていないので取り回ししやすいのが良いですね。

R0009296

フルハッチオープン状態。
この重厚感、ロマンの塊のような機体ですね。たまらん。

R0009297

ただ背中から外すと、太い凸ピンが見えることが最大のネックだと思います。

R0009299

ガトリング部はこの状態から

R0009298

こんな具合に伸縮します。

R0009300

R0009301

ビームナイフの色は緑となっています。
可動範囲が狭いのでナイフを使ってのポーズはあまりキマりません。
というかこいつ劇中でナイフ使いましたっけ?

R0009302

R0009308

ブレストガトリングは開けすぎると当然の如くお顔に干渉するので、ガトリングと顔の両方が見える位置で上手く調整します。

R0009303

以上、HG ガンダムレオパルド デストロイでした。
全身が太ましくガッシリしており、最近の流行とは少し違いますが、とても無骨で格好いい出来でした。
かなり昔のキットなので、今の物と比べると関節系はお世辞にも良いとは言えません。
ですがただ置いておくだけで重厚感が溢れにあふれる素敵なプロポーションなので、可動範囲の狭さはあまり気になりませんでした。


おまけ。

R0009287

ちょっとしたおまけ画像。
レオパルドとの夢のツーショット。
こうしてみるとほとんど違いはありませんね。
色を逆にしたらどっちか分からなくなるレヴェル。

R0009286

2体とも制作のコンセプトが違うので仕上げが全く異なっています。
どちらも関節は共通なので、パーツを組み替えて遊んでも面白そうです。 




☆オススメリンク☆

HG ガンダムレオパルド
R0009273


HGUC ザク2改(ジャーマングレイver)
R0009391


HG サーペントカスタム
R0009919


1/35 Ⅲ号戦車 L型
R0009141