DSC01188

年内に終わらせようと思ったフィギュアライズバストの初音ミクですが、やはり年内に記事を上げるのは間に合わず、少し遅れて年が明けてしまいました。
ですが製作の方はギリギリ年内に終わっていたので良しとしましょう。
今回は残っている物をざっと塗ったり、下半身をリペイントしたりとそこそこやることが多いのです。
ちなみに前回の記事はこちらです。

まずはガイアのピンクサフを髪の部分にざっと吹きます。
これは普通の白サフでも良かったのですが、ちょうど良いタイミングでピンクサフが手元に来たので、緑でも発色するかの実験をしてみました。白サフがあるなら普通にそちらを使った方が良いかもしれません。

DSC01189

髪の色はバーチャロンカラーの萌葱グリーンに青や白で好みの色になるまで色調したものを使用しました。
ご覧のように中々良い色が出ましたがこれがピンクサフの所為なのかはよく分かりません。
これが乾燥したらLGパールを加えた髪の毛の色に更に白を足してハイライトを追加しました。写真も一応撮ったのですが、手元のカメラも携帯のカメラも上手く色を捉えられませんでした。微妙な色はやっぱ安物だと厳しいですね。

IMG_20171119_210908

下半身はプライズの物をバラして表面処理をし、その後ガイアの黒サフを吹いた物が写真の状態です。
表面処理は足の側面に出来るパーティングラインを延々とスポンジヤスリで擦り、削りすぎて無くなってしまったニーソのモールドを彫り直したくらいです。
絶対領域より上は塗装のことを考えてマスキングしてあります。

DSC01185

サフの上から艶有りの黒+艶有りクリアーを吹きかけた後更にマスキングします。
クリアーの感想に1~2日じっくり乾燥させてから次の作業へ移りましょう。感想不十分だとクリアー層に跡が付き取り返しがつかなくなります。
クリア乾燥後、膝と足の甲の部分に青の差し色が入るのでここも丁寧にマスクします。ニーソの上端もこのときにマスクしておきます。

IMG_20171220_003133_resized_20171221_085322200

ちょっと順序は変わりますが、フィギュアの顔と言いますか尻と言いますか・・・尻ですね。おしりの部分を塗り塗りします。
ここはマスキングが面倒な形状だったので、薄く溶いたラッカー塗料をしつこく筆で塗っています。
塗っている最中はとても楽しかったです (*´∀`*) 
あくまで筆塗りがですよ。

IMG_20171220_010050_resized_20171221_085323737

白色が乾いたら髪の毛に塗った緑のあまりをおパンツに塗っていきます。こちらも筆塗りです。
色々ミクさんのフィギュア情報を調べたのですが、ミクさんは縞パンと普通のイノセントおパンツが3:7の割合で出てきたので、無難な道へ進まず茨の道へ進みました。別に私の趣味とかでは無く設定ですから仕方ないのです。
塗装した部分をじっくり見ると線がガタガタで見栄えが悪いのですが、この上からスカートを履くので何も問題はないです。

さて、これらが乾いたら後は今まで作った物を組み立てるだけです。
まずは前回塗装し終わったスカートを、今回作った下半身にパイルダーさせます。

IMG_20171218_204602

うん、思ったより良い感じです。スカートの厚みも気にならず。
前回の時はスカートのデカールは正面の3つくらいしか付けなかったのですが、先の資料を探す過程で模様が若干違うことに気付き修正をしておきました。
このまま上半身を乗っけて完成と行きたいのですが、足に比べてスカートの艶のなさが気になるので、これをクリアーコートして艶々にしたらおしまいです。

初めFBR初音ミクを作ったときはもっと簡単に作れるだろうと思っていたのですが、蓋を開ければこの通りえらく時間が掛かってしまいました。
実際上半身だけならもう少し早くできましたが、作っていると面白くて無駄なこだわりが出てきてしまい、必要以上に手を掛けてしまったかも。
なにより上半身と下半身を合体させる瞬間はガンプラでは味わえない充実感を感じることが出来ました。
後は写真を撮ってupするだけなのでなるべく早く撮ろうと思います。

完成品はこちら