DSC01098

前回はゴールドの上からプレミアムレッドを吹きかけて、概ね塗装を完了させました。
今回はマスキングをペリペリ剥がすだけの作業になります。
ここで失敗がなければ8割は成功と行っても過言ではありません。
それではやっていきましょう。

まずは金属プレート3点からです。
ここは一番初めにモールドを深く彫っていたのでそんなに心配はありません。それでも緊張はするんですが。 ((((o゚▽゚)o))) ドキドキ♪

DSC01100

ひとまず上手くいきました。
テープを剥がすときはなるべく慎重に丁寧に剥がしましょう。この期に及んで下地がペロッと持って行かれたら死ぬしかありません。

DSC01101

コクピット上の三本スリットは結構ガタつきが見えますが、これは計算の内で初めから完璧にマスクできるとは思っていなかったのでまあ結果オーライ?的な。
ここはエナメル塗料を筆で軽く塗ってやり、はみ出したら溶剤で拭き取れば綺麗になります。
金属プレートのスジボリの境目が少し汚く見えるかもしれませんが、最後にスミイレをするのでかなり誤魔化せるはずです。
スジボリを深く彫り直しておいたのでスミも良く流れることでしょう。

DSC01102

前面はゴールドの時にフロントライトをマスクしておきました。
模様部分もかなり上手くって塗料の滲みやはみ出しなどはありませんでした。
黒い模様部分は当然段差が出来ますが、これは後に掛けるクリアーコートと研ぎ出しで分からなくなるようにします。

DSC01103

フロントライトのマスクを外すと下地の時に塗ったゴールドが見えてきます。
流石にフロントライトのラインまではマスクできませんでしたが、中々良い感じになったんじゃないかと思います。

DSC01104

ああ^~マスク剥がすのきもちいいんじゃあああ~

DSC01105

やべぇよやべぇよ・・・思ったより上手くいってしまった・・・絶対ミスると思ったのに。

DSC01106

最後の一発は残しておいたコクピット部分です。
この時点で勝ち確の予感!

DSC01107

やったぜ。出来たよ~\(^o^)/スゴイカッコイイ!
傷つきそうだから慎重にフロント部分をつなぎ合わせれば・・・

DSC01108

完成~☆やったぜ。成し遂げた。
いやもうこれ これで完成で良いんじゃ無いかな?自分的にはやることやり尽くした感があるんですけど。

近くで見ると黒い模様と赤色の部分で段差があったり、全体的に艶がまちまちだったり、一部ザラつきがありますが、特にこだわらなければ本当にここで完成で良いかもしれません。
今回はフロントのGの文字は見送るので、そこだけ空いてしまった余白をどう埋めるかを考えないといけません。
最悪付属のシールを貼ってもいいのですが、そこだけクオリティに差が出てしまうので考え物です。デカールとか自作できるプリンターが欲しいです。

次回はこれらをコートして研ぎ出しをやってしまいます。