DSC01120

前回はウレタンを厚吹きしたのですが、どうにも艶が出すぎ&模様の段差が残ってる&表面が波打っているので、今回は表面を耐水ペーパーで研ぎ出しして段差を無くし、研ぎ出しで無くなった艶をコンパウンドで出す(戻す)磨き作業をしていこうと思います。

DSC01121

こちらは先ほどの艶やかなボディを紙やすりの1500~2000番で水研ぎしてやった状態です。
クリアー層だけ削ってやることによって、塗装で出来た段差を埋めて表面が均一になるので、この後コンパウンドでクリアー層の傷を取ってやれば艶が戻るという訳です。

ウレタンはラッカークリアより硬度があるためか、やすり掛けしていても下地まで削りすぎてしまう危険が少ないのが良いですね。
それでも少し削りすぎて下地でたんですが( `ェ´)ピャー

あと地味すぎたので割愛しましたが、スミイレやスリットのリタッチなどは削る前に済ませておきました。

DSC01122

中研ぎしたおかげで黒い模様と本体色との段差が完全に消えました。
ラッカーでやりますと一度にここまでの厚吹きが出来ないので二度三度吹く必要があるのですが、その回数分だけ埃を噛む危険があるので、やはりウレタンが至高にして最高。
ちなみにこの状態は先ほども書きましたが、1500~2000番の耐水ペーパーで水研ぎした物です。こうして拡大してみるとまだ若干細かい傷が見えます。

DSC01124

ヤスリは2000番まででも良いと思いますが、家にいつ買ったのか分からないバフレックスがあったので、試しにそれを使ってみることにします。
バフレックスとは耐水ペーパーP1200〜P2000のペーパー目、及びスクラッチが簡単に消せ、P3000以上の均一かつ細かい目に仕上げ、深いキズを入れないヤスリです。ほぼ引用ですすいません。

DSC01123

付属のスポンジを適当な大きさにカットします。
あまりに適当に切りすぎだので半分くらいロスしちゃいました。
テヘペロ(・ω<)☆

DSC01125

バフレックスには裏面にのりが付いているので、付属のスポンジに貼り付けて使用します。
これで更にヤスってやると2000番の傷さえ消せる優れものらしいです。
そうしましたら写真のスポンジを貼ったヤスリで全身くまなくヤスってあげます。

このバフレックスですが、空研ぎも出来ますが水研ぎ推奨!的なことが公式で書かれていましたが、私が軽く水を付けてヤスったらあっという間にスポンジからシートが剥がれてしまいました。
私のやり方が悪かったのかもしれませんが、もしこれを使うときは気をつけて水につけた方が良いかもしれません。
結局私はすべて空研ぎでやりましたが、特に傷が残ることもなかったのであまり神経質にならなくても良いのかもしれません。

DSC01126

そしてお待ちかねのコンパウンド作業です。
これはタミヤのチューブ入りのコンパウンド3種を使用します。
写真は粗目を塗ってメガネ拭きで一撫でしただけですがこの艶ですよ。バフレックスってしゅごぉい・・・
ただこの後細目→仕上げ目とやってもそこまで効果の違いが確認できませんでした。
前作ったデクーOZはパーツ数が多く、磨く作業はただの苦痛でしたが、今回は目に見えて違いが分かるのでとても楽しいです。
それにしても15年ぶりくらいにガチな研ぎ出しをしましたが、マテリアが進化しているおかげで非常に簡単に艶が出せました。これなら初心者の方でも丁寧にやれば簡単に出来るはずです。

DSC01127

磨き上がったのがこの状態です。
磨く前よりも艶の度合いが落ち着きましたが艶自体は出ていてます。
ただ私の磨き方が甘い部分があって、そこが多少白く曇るような感じになってしまいました。写真で言うと3本のスリットの下辺りの一番光が反射している部分です。

ここまで真面目にやってきて最後に妥協するのが嫌なので、もう一度クリアーを軽く吹いて白化を修正したいと思います。
この際注意したいのが、ウレタンを吹いた後にはウレタンは重ねられないので、ラッカーのクリアーを吹かねばならないと言うことです。
物によっては2度吹き出来る物もありますが、あれは確か24時間以内とかそんな制限があったはずです。
そんなわけでしゃばしゃばに溶いたクリアーをこの上から重ねて完了。
後はタイヤやローラー、側面のパイプ等を塗れば完了です。


私としては異例の記事の多さで書いてきましたが、いよいよ次回で完結です。
次回で小物類を塗り分けたり少しでティールアップパーツを貼り付けて完成です。