BG

ここ最近は性懲りもなくキャラ物を作り続けていたので、気分転換をしたくなってきました。
そこで今回からはちょっと趣向を変えてミニ四駆を作ってみようと思います。


お題はこのブロッケンGと言うマシンですが、このキットはかれこれ20年くらい前に出た物で、当時リアルタイムでレッツ&ゴーを見ていた自分にはかなり衝撃を与えてくれたマシンでした。 
まずはシャーシのフロントにモーターがある奇抜なデザイン、更にそれを活かして自重で敵のマシンを踏み潰すといった離れ業をやるスゴイやつです。
そんなわけでして私はこのマシンが全ミニ四駆中一番大好きです。次点でガンブラスターXTOです。

子供の頃は缶スプレーで単色で違う色に塗るのがやっとだったのですが、ある程度技術の付いた今なら、もう少し格好良くできるのかもと思い挑戦したくなりました。
話が長くなりましたが製作に入りましょう。

DSC01013

いきなり画像は飛びますが、まずは表面処理を全体に施します。
表面処理は各モールドの彫り直しくらいで大丈夫ですし、ペーパーは大体600番までで大丈夫でしょう。
その後シルバーで運転席と3カ所の金属プレート部分を塗装してマスキングしておきます。

DSC01068

それが終わったらガイアの黒サフを吹き付けます。
完全に乾いたらスポンジヤスリの仕上げ目で軽く擦って表面の凹凸を無くしてやります。この作業はかなり大事です。
写真は磨いた状態ですので表面に若干艶が出ます。

DSC01069

本体が終わったら今度はマスキングテープを切り出していきます。
カッティングマットにテープを敷き、その上にキットのシールを貼ります。

DSC01070

それをガイドにしてテープを切り抜きます。
これは一番初めにやったので少しラインがガタついてしまいました。

DSC01071

まぁデザイン上気にならないので良しとしましょう。ちょっとカクついちゃったかな?

DSC01072

2回目以降は慣れたおかげで複雑なラインも上手く切り抜けるようになりました。
それと今回はフロントのGの文字や側面のBROCKEN GIGANTの文字はオミットします。流石にこの小さな文字を切り抜くのはしんどそうなので。

DSC01074

80パーセント完成・・・何気にしんどい切り出し作業。
音楽や動画を見ながらまったりと進めます。

DSC01086

99パーセント終了!後は側面のスリット3本だけですが写真に取り忘れてしまいました。
切り抜きを始めるまでは嫌でしょうがなかったんですが、やり始めたら面白くなってしまい一気に出来てしまいました。

後はここから下地色→クリアー赤→クリア(研ぎ出し用)→研ぎ出し→磨き という順番でやりますが、磨きが上手くいかなければもう一回クリアーを吹く必要があります。
まあ結論から言えば吹いたんですがね、2度目のクリアーを!(`ェ´)ピャー

そんなわけで次回は下地を塗って出来ればクリアーレッドまで掛けていければなと思います。