DSC01587

ダブル・サブマシンガンに引き続き今回はコトブキヤのベルトリンク+αを塗っていこうと思います。
+αのガトリングはガンプラのHGキャンペーンのものなのでバンダイ製ですが、手元にM.S.G.のガトリング系が無かったので今回はこちらを使用しています。
写真のものはどちらも素組みの状態でグレー単色成形なので、これをメカサフを使って塗っていこうと思います。


P9110562

まずはベルトリンクのタンク部分からです。
使用したメカサフはタンクの上下の部分にライトとスーパーヘヴィ、タンク中央はサフエヴォのガンメタを塗装しています。
デカールとドライブラシもダブル・マシンガンと同様の手順で行っています。

P9110563

上面のデカールは少し大きめのものにしてみました。
塗り分けは形状の割には簡単に出来ました。先にスーパーヘヴィを塗ってからその部分にマスキングすると簡単に塗り分けられます。

P9110564

ベルト部分はガンメタで塗装後ドライブラシを掛けたのですが、ガンメタの主張が思ったよりも強かったので余り目立ちませんでした。この部分はシルバーでドライブラシすれば良かったかもしれません。

次いでキャンペーンでもらったガトリングですが、こちらはメカサフの他に普通の塗料も使用してしまったので参考程度に見てもらえればと思います。

P9110557

P9110558

ガトリングガンの持ち手側はメカサフだけで塗ったのですが、銃身部分はガイアのフレームメタリック2やガンメタルで塗っています。

P7310486

こちらが塗装した物を一通り組み合わせたものです。
初めの無塗装の物と比べると劇的に変わったんじゃないかと思います。
基本的にはどれも3~4色しか使っていないのに簡単に個性が出せますし、色味が近いこともあり
あくまでも今回はメカサフを使用して手軽に塗装することと、どんなプラモにも似合うよう少し地味目に仕上げることを目的としたのでこんな感じになりましたが、これだと物足りないと思ったら差し色に白やオレンジ等を入れても個性が出せそうです。