IMG_20190322_021812

前回は全てのパーツを塗装し終わりました。
中々時間が掛かる作業でしたが目立った失敗も無く一安心です。
このまま勢いに任せて組み上げて愉悦に浸りたいところですが、まだやらなければならない作業が残っているので、今回はその部分を仕上げて完成させたいと思います。

IMG_20190325_190204

あまり目立たない所ですが全く見えないことも無いので装甲裏を塗っていきます。
こういう細かい所を塗って行くと完成度を手軽に上げることができますのでオススメです。
まずざっとマスキングをしていきますが、この後はエナメルカラーを塗るのでそこまで几帳面にマスキングしなくてもOKです。
ホントにザッといいです。
このマスキングは塗り分けるためでなく、エナメルを吹いた後の拭き取りが楽になるためのものですので
何だったらマスキングなんて要らない位かもしれません。

IMG_20190325_200201

適量で希釈したエナメルのメタリックグレーを吹き付けてた後、はみ出た部分を綿棒で軽く擦ったのがこちらです。
ラッカーでクリアーコートしてあるのではみ出た部分も溶剤を付けた綿棒で擦れば簡単に綺麗になります。
先に書きましたがマスキングするのは拭き取り作業が楽になるからなので、マスキングするよりは拭き取った方が楽かもという形状の時はマスキングしなくても良いと思います。
あと声を大にして言いたいのですが、タミヤエナメルのメタリックグレーは本当に装甲裏の色にピッタリなので最高の塗料のです。ガンメタルも良いですぞ~。

IMG_20190326_230446


ちょっと面倒だったのが剣の中央の塗り分けで、この部分は本来シールが有るのでそれをガイドにマスキングしようかと思ったのですが、シールが無かったのでマスキングテープを貼り付けてからカッターで切り出したのでちょっと神経を使いました。
刃の部分は黒サフにガイアのダークステンレスシルバーで、中央のピンクはピンクサフの上から蛍光ピンクを塗ったのみです。

IMG_20190326_230321

このキットは塗り分けも少なく塗装はそこまで難しくなかったのですが、代わりに難所となる黒いラインが全身各所にあります。
このラインは全てエナメルの筆塗りで仕上げています。腕のように単純なラインは濃いめの塗料をべた塗りで上手く塗れますが、腰や肩アーマーのように複雑な所はスミイレ用より3割ほど薄めたエナメル塗料を、周りに極力はみ出さないように何度も丁寧に塗ってやると上手く行きます。
ここは本当に難しいので良いアイデアがあれば良かったんですが、結局地道に塗るのが一番の近道でした。

IMG_20190326_230525

頭の飾りやしっぽは比較的簡単に塗れました。
基本はトライ&エラーなので失敗しても成功するまでがんばりましょう。私は白いパーツを塗るのに失敗しすぎて汚くなってしまったので2回塗り直しました。

以上でLBXリュウビの制作は終了です。
やはりLBXのプラモは最初の想定より8割増しで作るのが大変ですね~
それでもこのリュウビはLBXの中ではトップクラスで色分けできているので、まだ難易度的には易しい方ですが・・・

LBXリュウビの完成品はこちら。
P3270222


余談ですがようやっとLBX再販もオーディンまで来ましたね。今年はダン戦のプラモだけでえらく財布を圧迫してきて嬉しい悲鳴が上がります。
何故か分かりませんが未だかつて無いほど模型熱が燃え上がっているので、ドンドン積んでるプラモを消化して行こうと思います。