PC010359

今回は再販で話題沸騰中のダンボール戦機より、LBXペルセウスをキャンディ塗装メインで、所によりパール塗装で仕上げてみました。
LBXではしょっちゅうやっている塗装法では有るのですが、今回はプレミアムガラスパールを試したり、キャンディの上掛けに色の源を使ったりと今までやったことのないことをやっています。
本体は私にしては珍しく結構手を加えており、全体のエッジを出したり丸めたり、プラバンであちこちの蓋を作ったりマントをキラ紙で作ったりと地味に手が掛かっています。
製作期間は10日ほどで、完成日は2018年11月30日です。

PC010329PC010330

PC010331PC010332

全体にわたってエッジを出すところは出し、気になった部分は尖らせたり丸めたりしています。
写真で見ると地味な色に見えますが実際はもっと深みのある良い青色をしています。
どうもカメラだと青系統の色の調整が難しいですね。

PC010333

近くで見るとこんな感じです。
膝のアーマーはプラを足して先端を尖らせていますが、それ以外のエッジは削って丸くしています。ここはエッジを丸めれば良かったかなとも思ったり。

PC010334

胸のセンサーっぽい部分と目はハイキューパーツのオーロラグリーンシール を切り出して使用しています。
オレンジの部分はビビットオレンジ+色の源マゼンタ(少量)を加えた物の上にプレミアムガラスパールを上掛けしています。白はexホワイトにプレミアムガラスパールを掛けています。

PC010337

本来の足の形状は角張っていますが、先端部だけ尖らせ後はエッジを削って丸くしています。この部分は結構気に入っています。

PC010339

くるぶし部分にはメタルパーツを塗装した物を入れてみました。

PC010340

肩の丸い部分も同じくメタルパーツを貼っています。
タミヤのメタリックオレンジで塗っており主張しすぎない良い色に仕上がったと思います。

PC010341

マスクの尖っている部分はプラバンを足してキンキンに尖らせました。

PC010342

頭部のトサカはパテを盛って削ってかなり形状を変更しました。
本来はもっと丸みのあるデザインですが、気に入らなかったので菱形のように尖らせてみました。

PC010343

頭の黒いラインは艶消しフィニッシュ黒を千切りにした物を貼りました。
ここは地味にマスキングが多いし曲線主体なので大変でした。

PC010348

背中の塗り分けも大変でしたが、腰の丸モールドをマスキングするのも大変でした。
基本LBXは大変な所しかないですね。

PC010349

手の甲は設定とは形状が異なるのですが、極力設定に近い感じで塗り分けてみました。
二の腕はモールドが一切入っていなかったのでスジボリを追加して塗り分けています。

PC010381

膝アーマー裏には裏蓋を作って貼っています。
腿もスジボリを追加して塗り分けています。

PC010383

マントが付いた状態では殆ど見えませんが股間のアーマーも裏蓋を製作しています。
こうでもしないと殆ど見えないので意味がないと言えば無いのですが、せっかく作ったので見せびらかしたいです。

PC010350

武器は一から十まで大変でしたが苦労の甲斐あって良くできました。
まずは先端を5mmほど延長して尖らせ、背中の部分をプラバンでふさぎ、後はひたすらマスキングをして塗り分けました。

PC010360

鉈ことペルセウスソードは肉抜きを何とかするのとしないのでは天地の差が出るので、ここだけは面倒でも何とかしたい部分です。

PC010361

後は適当にポーズをとらせてみました。
ペルセウスは新関節となっているので今までのLBXよりも動かしやすいです。

まずぁアタックファンクション コスモスラッシュ。

PC010368

PC010369

PC010372

PC010373

PC010374

PC010375

PC010376

gifを作って載せるために無駄に細かく撮影したんですが、ライブドアブログだと載せるどころかアップロードすらできなかったので供養をかねて全部載せときます。

PC010363

PC010365

OPを再現しようと思いましたが肩が思ったほど上がらず半端なことに。

PC010380

PC010385

PC010389

PC010390

PC010387

PC010401

以上、LBX ペルセウスでした。
ペルセウスはデザインが秀逸で色合いも良く、武器も斬新でとてもカッコイイLBXで、主人公機の中ではオーディンに次いで好きな機体ですので、かなり気合いを入れて製作しました。
エッジを出してやるだけで格好良さは格段に上がりますし、マスキングは(LBXの中では)そんなに難しくなかったので取っ付きやすいのもポイントが高いですね。
一応今回はテストピースを作って塗っているので思った通りの作品になったのですが、色の源のキャンディは結構難しくて、夜に塗装すると微妙な色の違いが分からず、言わなければ分からない程度ですが各パーツで微妙に差が生じてしまいました。
ですのでキャンディ塗装は極力休みの日の日中に一気に塗ることをオススメします。

製作記はこちら


ちょっとしたオマケ。

PC010393

最近黒背景で撮ることに執心し始めた私ですが、相変わらず光量調整が難しく四苦八苦しているところです。
背景は100均の安っぽい紙なのでそれが悪いのか、カメラの設定か光量がおかしいのか、私の頭が残念過ぎるのか疑わしき場所が多すぎて段々やる気が失せてきましたが、撮り始めた頃よりかは上手くなっている気がするのでこの調子で精進していきたいです。

オマケW。

PC010402

前に作ったアキレスも青の部分がキャンディ塗装で仕上げたものですが、こちらは下地がガイアのスターブライトシルバーにクリアブルーで仕上げた物なのでペルセウスと色味が大幅に違ってきます。
アキレスは淡いブルーにしたかったので2回程度しかクリアブルーを重ねませんでしたので、ペルセウスと比べると大分明るい色味になっています。
もっと色を濃くしたいならクリアブルーを何度も重ねればいいのですが、あまり重ねすぎると下地の反射も得られなくなりますし、エッジがダルくなったりするのでメリットは少なくなります。
ですので今回のペルセウスのように濃い色にしたいのなら、クリアーを何度も重ねて濃い色を出すやり方より、色の源でサクッと塗るのも一つの手段として有効だと感じました。

PC010403

色は好みによるところがかなり大きいので、自分で好きな塗料ややり方を見つけるのも模型の醍醐味ですね!
2019年4月からは待望のダン戦再販なので皆さん5個ずつ買いましょう!




☆オススメリンク☆

LBX アキレス
DSC04218


メガミデバイス 朱羅 弓兵
DSC04247


MG シナンジュ
R0009621


ミニ四駆 ブロッケンG
DSC03705