IMG_20181125_121440

LBXシリーズの主役機は大体カッコいいマントが付いていますが、キット付属のものは説明書を切り抜いて使うちょっと安っぽいものなので、今回のようにキャンディ塗装で仕上げたボディにはあまり似合いません。
ですので写真のような100均で売っているシールタイプのホログラム折り紙を使用し、マントもボディ同様キラキラにしてやります。
前回の記事はこちら。

IMG_20181125_121453

ペルセウスのマントは表裏で色が違うので折り紙も二色使用します。

IMG_20181125_122245

まずは赤と白の折り紙を張り合わせ一枚にして使いやすい大きさにカットしておきます。今回の場合は半分に切りました。
使いやすい大きさにカットした折り紙の上にキット付属のマントをマスキングテープで固定します。
固定したらハサミで丁寧に切り出していきます。
マントを固定する際はマント全体を満遍なくテープで固定した方が作業しやすいです。

IMG_20181125_122826

切り出したものがこちらです。中々上手くいきました。
この折り紙は見た目も華やかになるのはもちろん、紙製よりも遥かに強度があるので曲がったり破れにくくなるのも嬉しいところです。

ちょっと中断して前回諸事情により載せられなかった頭部分を軽く説明します。

IMG_20181124_222903

頭部は曲面をマスキングしないといけないのでかなり時間が掛かりましたが、その甲斐あって綺麗にマスクできました。
が、しかし・・・ここに来ておっさんに衝撃が走る・・・

IMG_20181124_222953

アイエエエ!? ナンデ!?ナンデ!?
いつの間にかほほのパーツがひっそりとへし折れてパーツが無くなっていました・・・
テンションの下がりっぷりがヤバイです。

IMG_20181125_114702

厳かな気分のまま部屋を探し出してもパーツが見つからないんで、手持ちのジャンクパーツから運良くペルセウスの頭部を発見!したんですがね・・・また合わせ目消しからやり直してメタリック色を吹き付ける作業が始まります。
ここにきて大幅な時間ロスです。久しぶりに屈辱的な失敗をしてしまいました。
余談ですが何で壊れたパーツって部屋中探しても無いんですかね?部屋綺麗なんですけどね~模型の妖精さんが隠してるとしか思えないんですけど。

IMG_20181125_010006

ちなみに頭部のメタリック部分はガンメタルとフレームメタリック2を半々で割ったものを使用しました。

IMG_20181125_115846

(またマスキングかよ・・・)あーもーうんざり汁。

IMG_20181125_161013

マスキングの上からまたしてもキャンディ工程をしました。1パーツだけ塗るのはすんごい面倒でした。
まだこの後真ん中の丸い部分も塗り分けますが割愛します。
今度こそ本当に全てのパーツを塗ったので、次回は各所のディティールアップを行います。

パーツが破損した所為で無駄な作業が増えすぎてしまいやる気もへし折れたので、全3回を予定していた製作記も増えてしまったので、最後にもうひと記事追加して完結とする予定です。
最後はデティールアップと組み立てを行っていきます。