IMG_20181020_193753

ガンダムベースにまで行ったのに運悪く品切れだったジオング(決戦仕様)ですが、この度ネット通販で安値で見つけたので迷うことなくゲットしました。
このキットはBB戦士No16に一部新規パーツの付いたリデコキットになっており、No16自体は1988年に発売された超古いキットになっています。
私が子供の頃はこの手のキットはなぜか薬局やスーパーに売っていることが多々あったので、買い物ついでに親にねだって買ってもらったおっさんも多いんじゃないんでしょうか。それもこれもかれこれ30年くらい前の話ですがそれくらい古いキットにも関わらず今見ても造形が良く、激しく製作意欲を刺激させられる良いキットだと思います。
今回はこのキットをサッと製作していこうと思います。

IMG_20181014_104202

本体は基本的にエアブラシで塗っていきます。
表面処理をした下半身に黒サフを吹いていきます。

IMG_20181014_104115

付属のシール(経年劣化で粘着力皆無)をゲージにしてマスキングテープを切り離します。

IMG_20181014_104324

こんな感じに切り終えたらパーツに貼っていきます。

IMG_20181014_105048

手作業の場合どうやってもずれるのでずれた部分は細切れのテープで補修してやります。
この処理を頭部にもしてやりその上から基本色のグレーを吹けば本体の塗り分けは殆ど完了してしまいます。
BBなのに塗り分けが少ない良いキットです。

IMG_20181014_212530

マスキングが面倒なところは筆で塗っていきます。今回の場合ですとパーフェクトジオングの足部分です。
まずは基本色の青の上からグレーを塗っていきます。その際フチ部分を囲う様に塗ってやります。
はみ出た部分は後で同色の塗料でリタッチするので今はスルーの方向で行きます。

IMG_20181021_094709

こちらがグレーを3度ほど塗り重ねしっかり発色させたものです。
グレーが完了したら同じ要領で黒を塗ってやります。黒は隠蔽力が強いので1~2回でしっかり発色してくれます。
筆で塗り分けるのは二の腕のグレーと前腕の黄色部分くらいで塗り分ける箇所もかなり少ないです。

IMG_20181021_113241

先ほど塗りおえた物をフィルタリキッドのマルチグレーでで軽く汚し、ハセガワのつや消し黒 フィニッシュを細く切り出した物を貼って軽くディティールアップしました。
駆け足ですがこれで殆ど完成です。