IMG_20181008_220011

かなぁーーーり昔、それも5月とか6月とか覚えてない昔、注文しておいたキットが先日(と言っても9月か10月くらい)に届きました。
前に作ったノンカチュは作るのにそれなりに時間と手間を掛けましたが、今回のキットはさっくり作ってしまうつもりでいます。
このキットは一箱に三体も付いてくるらしいので、それぞれ違った色で塗ろうかと画策しています。
それでは早速作っていこうと思います。

IMG_20181004_154747

まずは出来る限り素組みィ!ダボのないところは放置で。
後ハメは足首を切断して脛のプロテクターと足首を分けた位です。
ランナーの写真は撮ったはずなのに消えてる・・・どういうことなの?


IMG_20181004_173527

全体にガイアの黒サフに少し白を混ぜた物で全て塗装します。
白を混ぜるのは小スケールの物に暗い色を塗ってもディティールが見えなくなってしまい、リアリテーが無くなってしまうからです。

IMG_20181005_003548

黒サフの上からEXブラックを艶々になるように吹きます。
向かって左がEXブラックを吹いた物で、右側がガンメタを吹いた物です。
なお今回は3体とも違う色で塗るので一つはガンメタ、一つは真っ黒(黒原色)、そしてもう一つは真っ黒の艶消しで行こうかと思います。

IMG_20181007_213824

塗装を終えたバックパックにデカールを貼って赤をピンポイントで塗ります。
バックパックには長いアンテナが付いていますが、製作時に邪魔になるので全て切り取っておきます。

IMG_20181007_213912

切り取ったアンテナの代わりに虫ピンの一番細い物(ノギスで計ったら0.34mmでした)を塗って差し込みます。
虫ピンの頭をアンテナの頭代わりにすることで形状的にも凄いリアルになります。

IMG_20181007_220827

じゃーん。もう完成。やっぱ原色ブラックだと重いですね。まぁこれはこれで良し。
これが一つ目の完成品1です。これをもう一個作り艶消しで吹きます。


IMG_20181005_211726

これが2つめの完成品ですが、流石にこのままでは面白くなさ過ぎなのでこの後ドライブラシをします。
ちなみに上の完成品1につや消しを吹くと、せっかく塗り分けた黒も見分けが付かないくらい同じような色になります。
艶消しを吹くなら事前のテストピースは必須です。

IMG_20181007_221145

最後に一番面倒な武器の塗り分けです。
ベルトマガジンはマスキングで塗り分けし、銃の方はストックのみ筆で塗り分けました。
これで全ての作業は終了です。
一つ一つは大したことのない作業でも3つやると結構しんどいですね。良い経験になりました。同じクオリティで製作する難しさよ・・・
今回はヤバイくらいの駆け足で製作しましたが、作り込もうと思えばもう少し色々出来そうなキットでした。何せ原作を全く知らないのでイメージの膨らませようが無いという。
しっかしこのシリーズは作っていて面白いですね~もっとバリエーション展開してほしいです。